1. TOP
  2. ワードプレスの固定ページでお問い合わせ・申し込みページを作る方法

ワードプレスの固定ページでお問い合わせ・申し込みページを作る方法

 2017/03/05 Wordpress設定・全般  

  • ビジネス用にブログをしている方
  • ブログで売上アップを目指している方

上記の方にとって、お問い合わせページが大切だということは言うまでもありません。

  • 商品の購入
  • お問い合わせ
  • 申し込み

売上に直結する場面で必ず、ブログ訪問者からのお問い合わせに応じる必要があります。

この記事では、売上を作るために欠かせない

  • 問い合わせフォーム
  • 申し込みページ

の作り方をお伝えしていきます。

本題に入る前にワードプレスプラグイン「Contact Form 7」のインストールをお願いします。

Contact Form 7

プラグインのインストール方法

コンタクトーフォーム編集画面にアクセスしよう

「Contact Form 7」をインストールすると、ダッシュボードのサイドメニューに「お問い合わせ」という項目が追加されます。

この項目をクリックしましょう。

コンタクトフォーム7の管理画面への入り方

コンタクトーフォームのショートコードを作成しよう

次に、すでに作成されている「コンタクトフォーム1」「編集」をクリックして、お問い合わせフォームのショートコードを作りましょう。

コンタクトフォーム7の管理画面から編集画面への入り方

また、以下の記事を参考にしてもらえれば、コンタクトフォームの細かい設定方法がわかります。ぜひご覧ください。

お問い合わせフォームを作るプラグイン「Contact Form 7」の使い方を解説

  • お問い合わせフォームの入力項目
  • 自動返信メール
  • 問い合わせが入ったことの通知メール

この3点を特にしっかり設定しておきましょう。

設定が完了したら、ショートコードをコピーしておきます。

ショートコードをコピーする

固定ページにショートコードを貼り付けよう

コピーしておいたショートコードを固定ページに貼り付けましょう。

固定ページにショートコードを貼り付ける

関連:超絶分かりやすい!固定ページの作成方法

プレビューで確認して、問題なければ「公開」しましょう。

コンタクトフォームの完成

  • 実際に入力できるかどうか
  • 自動返信メールは送られてくるかどうか
  • 通知メールに入力項目は反映されているか

この点を確認して、異常がなければリリースしましょう。

まとめ

以上がワードプレスの固定ページでお問い合わせ・申し込みページを作る方法になります。

ブログ記事が少ない段階(アクセスが少ない段階)では、お問い合わせが入ることはほとんどありませんが、作っておいて損はありません。


このサイトでは、情報の専門性・信ぴょう性に配慮しています。そのため、中央省庁のデータやGoogle公式資料、市場分析データ、書籍などの信用できるデータを参照するよう、心がけております。ポリシーについて

無料E-BOOK|0から始めるワードプレスマーケティング実践ガイド

0から始めるワードプレスマーケティング
このE-BOOKは次のようなノウハウをお伝えしています。

  •  ・ワードプレスブログを立ち上げてから、実際にビジネスに繋げる方法
  •  ・ブログを使った集客方法の全体像
  •  ・ブログやメルマガなど、様々なツールをより効果的に使いこなす方法

以下のボタンからダウンロードしてください。

ダウンロードする

関連記事

  • ワードプレステーマを変更する方法

  • ワードプレスのブログ記事で表(テーブル)を作成するプラグインと使い方

  • 不要なワードプレステーマを削除する方法

  • ワードプレスとは?なぜ集客が上手くいく人ほどワードプレスを使うのか?

  • たった3分でワードプレスのトップ画像(ヘッダー)を設定・変更する方法

  • タブに表示されるアイコン(ファビコン)の設定方法!好きな画像を挿入しよう!