外部リンク数の確認とリンクの否認の方法|サーチコンソールの使い方

スポンサードリンク

あなたは被リンクに関して、どのような認識をお持ちでしょうか?

「Google推奨!被リンクを増やす確実な方法」でもお伝えしたように、被リンクは良くも悪くも、あなたのサイトに大きな影響を及ぼします。

そのため、あなたのサイトに被リンクが、どれくらい存在するかチェックしておく必要があります。

被リンクを確認するのには、サーチコンソールというツールを使用します。

この記事では、サーチコンソールにおける「被リンク状況の確認」と「リンクの否認の方法」をお伝えします。

ぜひ、あなたのサイトの評価を高めるきっかけにするために、サーチコンソールを活用してみてください。

サーチコンソールの登録をしていない方は、コチラの記事を参考にしてください。

サーチコンソールを使ってサイトへのリンク数を確認する方法

まずはサーチコンソールにて、サイトへのリンクの状況を確認します。

サーチコンソールの管理画面から「検索アナリティクス」「サイトへのリンク」をクリックします。

サイトへのリンクの確認方法

以下の画面から、リンクの状況を確認します。

サイトへのリンクの確認画面

リンク元のドメインの確認

まずは、リンク元のドメインを確認します。

サイトへのリンクの画面の以下の赤枠の部分をクリックしてください。

リンク元どめいんのかくにん

すると、以下の画面になります。

リンク元ドメイン

この画面では、あなたのサイトに対してどのようなドメインからリンクが送られているのかを確認することができます。

また、リンクが送られているページやページの数も確認することができます。

他サイトから被リンクを受けているコンテンツの確認

次に、被リンクを受けているページを確認します。

「サイトへのリンク」の画面から、以下の赤枠の部分をクリックします。

リンクを受けているページの確認

以下の画面では、自サイトのどのページにリンクが送られているのか、また、その数やドメインの種類も知ることができます。

リンクを受けているページ

以下の記事では、サイトへの被リンクを増やす方法を解説しています。ぜひご覧ください。

サイト内のアンカーテキストの確認

最後に自サイト内のアンカーテキストの確認です。

「サイトへのリンク」の画面から、以下の赤枠の部分をクリックしてください。

アンカーテキストの確認

すると、次の画面で、自サイト内のアンカーテキストの確認をすることができます。

アンカーテキスト

アンカーテキストで内部リンクを貼る場合には、「こちら」「詳しく見る」などのテキストにならないよう気をつけなければなりません。

そこで、このデータを確認することによって、アンカーテキストにミスはないかを確認することができます。

ミスがあれば、積極的に修正しておきましょう。

以下の記事では、SEO効果が増すように、最適な内部リンクの貼り方を解説しているので、ぜひご覧ください。

スポンサードリンク

リンクの否認ツールとは

サーチコンソールの「サイトへのリンク」の使い方は何となくご理解いただけたでしょうか?

「サイトへのリンク」が使えると、どのようなサイトから、どのようにリンクが送られているのかが一目でわかります。

前述しましたが、そのドメイン元の質次第では、あなたのサイトがGoogleから低評価を受けることもあります。

そこで、この章では悪質な被リンクをこちら側で否認するツールを紹介します。

ホワイトハットSEOとブラックハットSEO

一般的にSEOには、ホワイトハットSEOブラックハットSEOという手法があります。

ホワイトハットSEO
検索ユーザーのためになるコンテンツをオリジナルで作成し続ける
ブラックハットSEO
Googleのアルゴリズムの虚を突き、量産した外部サイトから被リンクを送りまくるなどの、強制的にサイトの評価を高める手法

ホワイトハットSEOとブラックハットSEOの詳細については、以下の記事をご覧ください。

このうち、ブラックハットSEOはGoogleの大幅なアップデートにより、検索結果で上位表示することが難しくなっています。

もちろん、自分からブラックハットな手法に頼らなければ問題ないと思うかもしれませんが、そうではありません。

最近では、あえて悪質な被リンクを送ることで特定のサイトの順位を下げようとする業者も存在します。

この場合、自分の力だけではどうすることもできません。

そんなときにリンク否認ツールを使う

そこで登場するのがリンクの否認ツールです。

リンクの否認|サーチコンソール

リンクの否認

リンクの否認を活用することで、あなたのサイトに送られている外部からのリンクを否認し、Googleからの評価外に外すことができます。

スポンサードリンク

リンク否認ツールの使い方

この章では、リンク否認ツールの使い方をお伝えします。

否認ツールの注意点

リンク否認ツールを使う前に、必ず見ておいてもらいたいのが、以下のページです。

バックリンクを否認する|サーチコンソールヘルプ

これは高度な機能であるため、慎重に使用する必要があります。使い方を間違えると、Google 検索結果でのサイトのパフォーマンスに悪影響が及ぶ可能性があります。ご自分のサイトに対して、スパム リンク、人為的リンク、品質が低いリンクが数多くあり、それが問題を引き起こしていると確信した場合にのみ、バックリンクを否認することをおすすめします。ほとんどの場合、Google では詳しい情報を提供されなくても、どのリンクが信頼できるものかを評価することが可能なため、標準的なサイトのほとんどではこのツールを使う必要はありません。

リンク否認ツールは、使い方を間違うと、あなたのサイトへの良質なリンクを否認してしまう可能性もあります。

使うときには、注意してください。

リンク否認ツールの使い方

まずは、あなたのサイトへ送られている被リンクのうち、否認したいものを挙げましょう。

リンクを挙げましたら、以下の要領でテキストファイルに記載します。

否認リンクをテキストデータに記載する
  • URLごとに指定する場合
    URLを記載する
  • ドメインごとに指定する場合
    domain:example.com

終わりましたら、先ほどのリンク否認ツールのページに移ります。

リンクの否認|サーチコンソール

リンクの否認を行うドメインを選択し、「リンクの否認」をクリックします。

ドメインの選択

次のページでは、注意書きを確認後、「リンクの否認」をクリックします。

注意書き

次に、先ほど作成した否認するリンクのリスト(txtデータ)をアップロードします。

(txtデータ)をアップロードします。

ファイルをアップロードしたら、「送信」をクリックします。

ファイルをアップしたら、送信する

以下の画面になりましたら、赤枠内の内容を確認してください。

送信したデータと同じであれば、「完了」をクリックします。

リンクの否認の完了

リンクの否認が完了すると、サーチコンソール内に新しくメッセージが届きます。

念のための確認しておきましょう。

否認リンク後のメッセージ

まとめ

以上が、サーチコンソールを使って

  • サイトへのリンクの確認
  • リンクの否認

をする方法でした。

サイトの立ち上げ初期はほとんど必要ありませんが、ナチュラル被リンクが集まり、認知度が高まれば必要性が出てくるかもしれません。

その際は、早めに実施してみてくださいね。

スポンサードリンク