ワードプレスのカテゴリー設定の方法

スポンサードリンク

ワードプレスで記事を公開する前にやってほしい初期設定のひとつが、カテゴリーの設定です。

この記事では、カテゴリーの設定に関する以下の点について解説していきます。

  • カテゴリーの新規追加
  • カテゴリーの編集
  • カテゴリーを記事に適用させる
  • カテゴリーの順番を入れ替える
  • 未分類カテゴリーの削除

カテゴリー設定画面はどこ?

カテゴリーの設定画面は、ダッシュボードから「投稿」「カテゴリー」と、進んだところにあります。

カテゴリーの設定画面

この画面でカテゴリーを設定していきます。

スポンサードリンク

新しくカテゴリーを設定する

では、以下の設定画面で、新規のカテゴリーを追加します。

新規カテゴリーの追加

次の手順でおこなってください。

カテゴリー名の設定

カテゴリー名を設定します。
あなたの記事をまとめる役割がカテゴリーになるので、一目でどんな内容かがわかる名前に設定してください。

スラッグの設定

次に、スラッグの設定です。

スラッグとは、カテゴリーのURLのことです。

カテゴリーのURL設定

この「スラッグ」に記載した文字列は、以下の部分(カテゴリーのパーマリンク)に適用されます。

カテゴリーのURL

中身がわかりやすいパーマリンクを作りましょう。

パーマリンクの文字列にどんな記載をしたらいいかわからない方は、以下の記事を参考にしてみてください。

カテゴリの説明文の設定

カテゴリの説明文の記載方法

カテゴリーの説明文はそこまで重要ではありませんが、ワードプレステーマによってはカテゴリーの説明文が表示されるものもあるので、きちんと書いておきましょう。

親子カテゴリの設定

「親子カテゴリー」とはカテゴリー内に子カテゴリーのこと。
例えば、「美容」というカテゴリーの中にある、「ネイル」や「スキンケア」、「ダイエット」などの小カテゴリがあたります。

この場合、追加したいカテゴリーの名前とスラッグ、説明文を記載したら、「親カテゴリ」の欄で親カテゴリーになるカテゴリーを選択します。

 

このように設定すると、カテゴリー欄に以下のように設定されます。

親子カテゴリー

以上が、カテゴリーの新規追加の方法になります。

スポンサードリンク

カテゴリーの編集

一度作ったカテゴリーを改めて編集したいときは、そのカテゴリーに矢印を当て、「編集」をクリックします。

カテゴリーの編集方法

すると、カテゴリーの新規追加と同じような画面になります。
編集したい項目を書き直し、「更新」をクリックで完了となります。

スポンサードリンク

投稿記事のカテゴリーを設定する方法

次に、記事を書いている途中で、その記事にカテゴリーを設定する方法と、投稿画面からカテゴリーを作成する方法です。

「投稿画面の使い方がわからない・・・!」という方は以下の記事の目を通しておきましょう。

まずは、基本的な設定方法になります。
記事の投稿画面を開いてください。

記事を書く際にカテゴリーを設定する

自分が設定したいカテゴリーにチェックを入れると、完了となります。

もしも、該当するカテゴリーがない場合は、「+新規カテゴリーを追加」をクリックし、新規でカテゴリーを作成しておきましょう。

複数の記事のカテゴリーを一括で編集する方法

次は複数の記事のカテゴリーを一括で編集する方法です。

投稿一覧にて、対象の記事にチェックを入れます。

記事一覧でチェックを入れる

「編集」を選択し、「適用」をクリックします。

編集にチェックを入れ適用する

すると、設定画面があらわれるので、選択したいカテゴリーにチェックを入れます。
「更新」をクリックしたら完了です。

まとめてカテゴリーを設定する方法完了
スポンサードリンク

カテゴリの順番を入れ替える方法

ワードプレスではカテゴリーを設定する際に、自動的に表示の順番が決まってしまいます。

そこで、カテゴリーの順番を入れ替えて訪問者の利便性をあげたいときには、以下のプラグイン「Category Order and Taxonomy Terms Order」をインストールする必要があります。

以下の記事ではカテゴリの順番を並び替えることができるプラグインの使い方を解説しています。

未分類カテゴリの削除方法

「未分類」カテゴリー以外の新規のカテゴリーを作成します。

そして、「設定」「投稿設定」を開きます。

未分類カテゴリーの削除

そして、「投稿用カテゴリーの初期設定」から「未分類」以外のカテゴリーを選択し、「変更を保存」をクリックします。
もう一度カテゴリー一覧に戻り、未分類カテゴリーに矢印を当て、「削除」をクリックします。

カテゴリ一覧から未分類を削除する

これで完了となります。


いかがでしたか?

カテゴリーはSEO面でも、大きな効果を表すので、正しい設定行いましょう!

スポンサードリンク