1. TOP
  2. 良質なコンテンツはもう古い!?
SEOライティングに必要不可欠な「検索意図」とは?

良質なコンテンツはもう古い!?
SEOライティングに必要不可欠な「検索意図」とは?

 2017/09/08 SEO  

良質なコンテンツはもう古い!?
SEOライティングに必要不可欠な
検索意図とは?

あなたは、以下のような考えを
持つことはありませんか?

SEOでブログにアクセスを集めたい・・・! SEOに効果があると言われる、記事の書き方を実践しているけど、成果が現れない・・・。 良質なコンテンツを作っているつもりなのに、自分の記事は上位表示されない・・・。

SEOの力を使って、ブログ記事を上位表示させる手法のことを、最近では「SEOライティング」と言います。

あなたはこの、SEOライティングで、自分の狙った成果を出せているでしょうか・・・?

あなたは、SEOライティングで成果を出すことができていますか?

と、ここで「SEOライティング」というものを、定義しておきましょう。

SEoライティング

SEO+ライティング

SEOとは

SEOとは、「SEO初心者のためのSEO基礎知識」という記事の中でもお伝えしたように、検索エンジンの検索結果で上位表示させることを言います。

ちなみに、2017年7月現在、日本の検索エンジンのシェアはGoogleとYahooで95%以上を占めています。

また、Yahoo社の検索エンジンは、Googleと同様の仕組みを採用しているので、事実上95%以上がGoogleを使っていると言い換えることができます。

ライティング 文章の執筆

また、「ライティング」とは、ユーザーの欲しがる情報をうまく文章化し、わかりやすくすることです。

「SEO」を理解し、それを体現するための文章を「ライティング」で執筆する、これが「SEOライティング」だと言えます。

検索結果で上位表示を
実現するための執筆テクニック

ただ、「SEOライティング」とは書かれていなくても、検索結果で上位表示するためのノウハウは書店やネット上にたくさん転がっています。

世の中には、SEOライティングの
教材がたくさんある・・・

にもかかわらず、なかなか順位を上げることができないのはなぜでしょうか?

この記事では以下のことをお伝えします良質なコンテンツを作っても上位表示されない理由 SEOライティングで最重要!「検索意図」とは? 検索ユーザーの「検索意図」の探り方

なぜ良質なコンテンツを作成しても上位表示されないの?

1.なぜ良質なコンテンツを作成しても、
上位表示されないの?

SEOで成果を出すために重要なことは、「ユーザーにとって良質なコンテンツを届けること」だと言われている。

このことは、Googleの企業理念「1.ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。Google検索エンジン最適化スターターガイドの中で、再三にわたって解説されています。

しかし、自分なりに「良質なコンテンツ」を作っているつもりでも、なぜか上位表示することができません。

しかし、自分では「完璧だ・・・!」と思うような記事を公開しても、なかなか上位表示されない・・・。

毎日アクセス解析に目を通しては、心が削がれているのではないでしょうか?

なぜ良質なコンテンツを作っても、上位表示されないのか・・・?

ズバリ!「検索意図」を把握できていないからです!

検索意図

「検索意図」とは、ユーザーがそのキーワードで検索した理由や背景

2.「検索意図」とは、ユーザーが
そのキーワードで検索した理由や背景のこと

これからの時代、SEOで成果を出すには、「検索意図」が大事だとお伝えしました。

「検索意図」とは、以下のような意味合いがあります。

検索意図 ユーザーがなんらかのキーワードを打ち込んだ理由や背景、そのときの感情のことを指す

検索意図が意識できていなければ次のようなことをしても、
ほとんど上位表示されません。

よく、SEOの学習をしていくと、「以下のようなことをやりましょう!」と言われます。

特に多いのが、キーワードの出現率ですね。

キーワードを記事内にいくつ含めるか キーワードの出現率はどれくらいにするか 見出しの構造はどうするか 文字数は何文字以上、何文字以下にするか リンクは記事内に何個貼り付けるか 何行以上文章が続いたら、画像を挿入するか タイトルは何文字にするか タイトルのできるだけはじめにキーワードを含んでいるか

このような小手先のテクニックは、ここ最近では多くのサイト運営者が取り組んでいることですし、これができたからと言って、上位表示される理由にはなりません。

より、ユーザーを意識したコンテンツを作るには、検索意図を意識し、ユーザーのニーズやウォンツに先回りした情報を用意しておく必要があります。

とはいえ、検索意図のことがよく分からないかもしれませんので、事例を交えて解説します!

事例キーワード 「入社式 準備」

「入社式 準備」の検索結果

単純に考えると、「入社式の準備はどんなことをすべきか」を知りたいはず。

一見、ユーザーは以下のようなことを知りたいのではないかと考えてしまうでしょう。

  • 当日の持ち物
  • 髪型
  • スーツの選び方
  • 服装

しかし、本当にこのような情報だけを、ユーザーは知りたいのでしょうか?

結論から言いますと、「検索意図」的に、上記の項目だけでは不十分です。

しかし、「検索意図」
という意味では不十分

検索意図を調べてみると・・・ 本来は、「同期との初顔合わせで馴染めるか不安」「恥をかきたくない」このような深層心理を持っている

検索意図がわかると、以下の
ような情報が必要だとわかる ユーザーが恥をかかなくて済むような情報 ユーザーが同期と馴染めるような情報

実際に、「入社式 準備」の検索結果を見てみると、以下のような情報が掲載されているページが上位表示されている傾向があります。

ぜひご確認ください。

ユーザーが恥をかかなくて済むような情報
会場には前泊入りし、不測の事態に備えることが大切
恥ずかしい思いをした先輩の経験談
 ユーザーが同期と馴染めるような情報
自己紹介の仕方
コミュニケーションの取り方

上記の事例から、以下のようなことが言えます。

検索意図や検索者の感情を把握することが、検索上位表示を目指す上で必要なことです。

でも、検索意図ってどうやって
調べるの・・・?

検索ユーザーの「検索意図」の調べ方

3.検索ユーザーの「検索意図」の調べ方

「検索意図」を調べる方法 すでに上位表示(1ページ目に表示)されているコンテンツを分析する

検索意図に適した記事作りがなされている すでに検索エンジンによって「優れた記事」だと評価されている

検索結果ですでに上位表示されているページは、基本的にGoogleが「検索意図を満たしてますよ!」と評価しているページです。

なので、上位表示されているページから、「検索意図」を割り出すのが一番の近道だと言えます。

検索意図を見つけるために、
上位表示されている記事を分析するときのポイント

分析ポイント 検索ユーザー(エンジン)は、なぜこの記事を上位表示させているのかを考える 「そのキーワード」で検索している人は、記事に何を求めているのかを考える つまり、どんな人がどんな理由で検索しているのか結論を導き出す

上位ページを鏡にして、その先にいるユーザーの深層心理に迫ることが大切

Yahoo知恵袋 教えてGoo 発言小町 Amazonの関連商品のレビュー

検索意図を意識し、記事の情報設計を改めてみよう・・・!

まとめ

今回は「SEOライティングに必要不可欠な
検索意図」について解説していきました。

要点は以下の通りです。

検索意図を意識しなければ、どんな記事も上位表示は難しい 検索意図とは、検索ユーザーの検索理由やその背景のことを指す すでに上位表示されている記事を分析し、自分なりに、検索意図を調べてみることが大切

良質なコンテンツを意識しているけど、なかなか成果が出ない・・・このような方はこの、「検索意図」を意識できていない可能性があるので、ぜひ注意してみてくださいね!


このサイトでは、情報の専門性・信ぴょう性に配慮しています。そのため、中央省庁のデータやGoogle公式資料、市場分析データ、書籍などの信用できるデータを参照するよう、心がけております。ポリシーについて

無料E-BOOK|0から始めるワードプレスマーケティング実践ガイド

0から始めるワードプレスマーケティング
このE-BOOKは次のようなノウハウをお伝えしています。

  •  ・ワードプレスブログを立ち上げてから、実際にビジネスに繋げる方法
  •  ・ブログを使った集客方法の全体像
  •  ・ブログやメルマガなど、様々なツールをより効果的に使いこなす方法

以下のボタンからダウンロードしてください。

ダウンロードする

関連記事

  • たった10個のポイントを抑えるだけ!?読まれるブログ記事のタイトルが作れます

  • ブログサイトにおけるナビゲーションメニューの役割と効果的な設定方法

  • Lazy Loadを使ってワードプレスの表示速度を改善する方法

  • ワードプレスの内部SEO対策!劇的な成果を出す「たった7つの設定」

  • わかりやすっ!プロが優しく教えるワードプレスの投稿方法

  • nofollowタグとは?メリットと使い方を解説します