頑張っているけど成果が出ない人必見!売り上げにつながる「ブログのアクセスアップ術」

頑張っているけど成果が出ない人必見!
売り上げにつながる
「ブログのアクセスアップ術」

スポンサードリンク

頑張っているけど成果が出ない人必見!
売り上げにつながる
「ブログのアクセスアップ術」 ブログを運営していて、以下のような考えを持つことはありませんか? アクセスが全く集まらず、読者の反応もないため、
モチベーションが下がっている・・・。 手取り早くアクセスアップする方法を知りたい・・・! 頑張って運営しているけど、ブログから売り上げを作れなくて困っている・・・。 ブログがうまくいかない人には、共通するパターンがある。 あなたは次のNG行動に
当てはまっていませんか? ブログがうまくいかない人によくあるNG行動 簡単な方法でアクセスを集めようとして、いろいろなツールに手をだす いくつか記事を書いて、成果が上がらないから辞めてしまう とりあえずアクセスを集めようとする 1.簡単な方法でアクセスを集めようとして、いろいろなツールに手をだす いきなり否定するようで申し訳ありませんが・・・簡単にアクセスを集める方法はありません! 以前は、無料で簡単にアクセスを水増ししてくれるツールが存在しました。現在、あらゆるブログサービスでアクセスアップツールは禁止されている。 よし!ツールのおかげで
アクセスが増えたぞ〜 ツールでアクセスが増えても、
自己満足にしかならない・・・ ブログの本質は、
「じっくりと時間をかけ、少なくてもいいから濃いアクセスを集めること」 濃いアクセスとは、自分にとって利のあるアクセスのことです。
例えば、ブログで商品を販売したいなら、商品を購入する可能性のある人が濃いアクセスになります。 2.いくつか記事を書いて、成果が上がらないから辞めてしまう あなたが「検索上位表示」を目標に
コツコツと記事を書き続けている場合・・・ 必ず上位表示される日がきます。 記事公開から上位表示までの傾向 2015年ごろまでは、「有益な記事」を公開すれば、3ヶ月ほどで上位表示が可能でした。 しかし、2017年現在では、どれだけ「有益な記事」であっても、新規ドメインの場合、半年ほどかかるようになってきています。 つまり、一朝一夕で濃いアクセスを集めることは難しいのです・・・! 一方、もしもあなたが「正しい手法で」記事を書くことができていない場合、どれだけの時間がかかっても成果は望めません。 3.とりあえずアクセスを集めようとする アクセスを集める手法は、優れたものから下衆なものまでたくさんあります。 ときには強引な手段を用いて、
アクセスを集めようとする人も・・・ 前述しましたが、望まないアクセスやアクセスの水増しは、ブログ運営者の自己満足であり、誰も得をしません。 安易な手法には手を出さずに、コツコツとブログを運営することが大切! でも・・・。 どうすれば「濃いアクセス」を集めることができるの??

今回、この記事ではあなたのブログに、「商品を購入する可能性のある濃いアクセス」を集める方法をお伝えします。

いきなり全て真似することはできないかもしれませんので、定期的に読んでみてください。

ビジネスでブログをするなら「検索エンジン」を意識しよう!

1.ビジネスでブログをするなら
「検索エンジン」を意識しよう! ビジネスでブログをやっている場合、
収益や売り上げを上げるのが目的だと思います。 アクセスさえ増えれば、
売り上げが増えるのに〜! これって本当なのでしょうか? 例えば あなたが男性用の筋トレ用品をブログで販売したいとしましょう・・・。 しかし、解析データを見てみると、女性のアクセスばかり・・・。 では、どうすればあなたの商品に興味がある人が集めるのか・・・? 検索エンジン

あなたの商品を購入する見込みのある方を集めるなら、検索エンジンに目を向けてみてください。

検索エンジンを使うことで、売り上げに直結するアクセスを集めやすくなります。

検索エンジンを使う人の特徴 最近、太ってきたから
筋トレでもしようかな・・・。 筋トレ初心者で検索 検索という行動を起こす

つまり、検索エンジンからアクセスを集めると、以下のような方々をブログに呼び込むことができます。

  • 悩みを抱えている人
  • 困っている人
  • 問題を解決したいと思っている人

このような理由から、検索エンジン経由のアクセスは、売り上げに繋がりやすい傾向にあるのです。

SNSを使った場合 FacebookやTwitterを使ったとしても、つながりのある人の中で自分の商品に興味のある人は微々たるものだし、何よりフォロワーが少ない・・・

とはいえ、ソーシャルメディアで記事を広く拡散させる方法がないというわけではありません。

あなたの記事が話題になり、次から次に拡散される(=バズが起きる)ための方法もあります。

もしも気になる場合は、以下の記事でお伝えしているのでご覧ください。

ソーシャルメディアや他サイトで紹介され、被リンクを集める方法

検索エンジンからのアクセスは、売り上げアップにつながる可能性が高いのです! でも・・・。 どうすれば「検索エンジン」からのアクセスを集めることができるの??

そこで、次の章では「検索エンジンからアクセスを集める秘訣」をお伝えします。

検索結果で上位表示するために知っておくべき5つのノウハウ

2.検索結果で上位表示するために
知っておくべき、5つのノウハウ 検索エンジンからアクセスを集める秘訣・・・ 少なくとも検索結果の
1ページ目に表示させること この章では、あなたが書いたブログ記事が検索結果で上位表示するための秘訣をお伝えします! 上位表示のための5つのノウハウ 検索エンジンを使う人は「情報」が欲しい人 上位表示を狙うキーワードの市場を分析し「秘訣」を導き出す お悩み解決サイトや書籍のレビューを通して、検索した理由を深掘りする 検索者が欲している情報を収集する 表現方法に気をつけながら、記事を執筆する

検索エンジンを使う人は「情報」が欲しい人

2-1.検索エンジンを使う人は
「情報」が欲しい人 日本の検索エンジン市場のシェア Google利用者:67.38%
Yahoo利用者:27.18% 
合計94.56%がどちらかを使っている YahooはGoogleの検索アルゴリズムを採用しているので、Yahooを使う人は、Googleを使っているのと同じだと考えて良い

Googleが採用する検索エンジンの独自の仕組み(=アルゴリズム)に関して、より詳しく知りたいという方は、以下の記事をご覧ください。

Googleの検索結果で
上位表示させるには? 少し考えてみてください・・・。 「ブログ 始め方」と検索する人は、何を求めて検索という行動を起こしたのでしょうか? ワードプレスやアメブロでブログを始める方法が知りたい・・・! 検索結果には、検索者の役に立ちそうな記事が表示されている なぜGoogleは役に立つ情報を
上位に表示するのか? Googleという企業の主な収益源 広告がクリックされる
(表示される)ことで
Googleは収益を作っている Googleが便利であればあるほど、使う人が増えるので、Googleの収益は増えていく。やっぱり、Googleって
便利だな・・・! 何かあったら、Googleを頼ろう・・・。

つまり、Googleの検索結果で上位表示をさせるための秘訣は、以下のように言いかえることができます。

ブログ記事を
上位表示させる秘訣 検索者が求めている
記事を書くこと! 検索エンジンで調べごとを
する人が欲しいもの→情報 例えば 「親子丼 レシピ」と検索する人は「親子丼のレシピ」という情報が知りたい 「時計 電池交換」と検索する人は「時計の電池を交換する方法」という情報が知りたい 「30インチ」と検索する人は、「30インチが何センチなのか」という情報が知りたい 検索者はなんらかの悩みや問題を抱えていて、それを解決するための情報が欲しい 上位表示したければ、検索者が
求めている「情報」を掲載
しましょう!

上位表示を狙うキーワードの市場を分析し「秘訣」を導き出す

2-2.上位表示を狙うキーワードの市場を
分析し「秘訣」を導き出す キーワード選定で意識すべきこと 見込み顧客が検索するキーワードであること 情報収集キーワードであること 月間の検索回数が1000以上であればなおよし

キーワード選定に関して、より詳しく知りたいという方は以下の記事を参考にしてください。キーワードの分類方法や、どのようなキーワードを選定し記事を書けばよいのかを解説しています。

検索エンジンを使う人は
なんらかの「情報」が欲しい しかし、むやみやたらに記事の中に情報を詰め込んでも上位表示されるかどうかはわかりません・・・。 結局のところ、検索者が何を欲しているかは、第三者にはわからないのです・・・。 では、どのように検索者の欲する
情報をあぶり出すのか? 答えは検索結果にあり! Googleは検索者の意図に適した
情報を返すよう、設計されている つまり、すでに上位表示されている記事は、あるていど検索者の満足いく情報が載っている 検索者が欲しい情報をリサーチする第一歩 選んだキーワードで1ページ目に表示されている記事を分析してみよう! 1ページ目の記事を分析してみる

上記のスライドは、実際にこの記事を作成するときに、上位表示されているページを分析したときのマインドマップになります。

  1. その記事にはどんな情報が掲載されているのか?
  2. その記事はなぜ上位表示されているのか?

この二点をまとめました。

他にも、以下のような分析方法があります。

分析をするときは、参考にしてみてください

分析事例 1〜5位の記事と6〜10位の記事の違いはなにか? なぜその記事は読みやすいと感じ、別の記事は読みにくいと感じたのか? ウケている(1〜3位の)記事は、どのような機能を併せ持っているか 結局、どんな記事を作成すれば、検索者を満足させられるのか?(分析の結論)

あくまでも上位表示されている記事を分析するのは、「どうすれば上位表示されるのか?」を探るのが目的です。

なので、分析で終わるのではなく、分析結果をもとに、どんな記事を作っていくべきなのか?という結論を出す必要があります。

自分なりにで構いませんので、「記事にこんな要素を持たせればOK」という結論を導き出しましょう!

お悩み解決サイトや書籍のレビユーを通して、検索した理由を深掘りする

2-3.お悩み解決サイトや書籍のレビューを通して、検索した理由を深掘りする ここまで、上位表示させるための秘訣をお伝えしました。 しかし・・・ あくまでも検索という行動を
起こすのは人間である 検索エンジンというフィルターを通した「ニーズのリサーチ」では、検索者の心理や潜在的な欲求を完全に知ることはできない 検索者が検索という行動に至った背景や、そのときの感情をどのように調べるのか? そこで使ってほしいのが以下のような、悩みを可視化できるツールです。 Yahoo知恵袋 教えてGoo 発言小町 書籍のレビュー 検索理由を深掘りしていくと新たな発見がある あれ?いま上位表示されている記事には〇〇という情報が掲載されているけど、本当は▲▲を載せた方が喜ばれるんじゃないかな? ていうか、このキーワードで検索する人って、そもそもこういう人たちだよね・・・。 記事の構想が「そもそも論」でまとまっていく 検索者が欲している「情報」をリストアップし、話が飛ばないよう、論理的な順番でつなげていく

検索者が欲している情報を収集する

2-4.検索者が欲している情報を収集する 情報を収集するときに気をつけること できるだけ信頼できる情報源から情報を引っ張ってくること
→中央省庁の統計データ、論文、独自の体験談 上位表示されている記事にはないような、独自の情報を集めること
→論文、書籍、テレビ、統計データ、独自の体験談 信用できない情報を発信し、
炎上してしまったメディアの事例

以下の記事では、信用できな情報を発信してしまったがために、炎上したメディアの紹介と、信用されるサイトを作るために重要なことをお伝えしています。

表現方法に気をつけながら記事を執筆する

2-5.表現方法に気をつけながら
記事を執筆する ここでようやく記事の執筆に取り掛かります 記事を執筆するときに心がけたいこと 最後まで飽きずに
読んでもらうこと 読み手を満足させているのはどっち? 1000文字で5分間読まれている記事 1万文字で1分間読まれている記事 1000文字で5分間読まれている記事 当サイトのある記事は平均11分間読まれている 文字数はおよそ7000文字の記事です。読み手を飽きさせず、
最後まで読んでもらう工夫が必要 

※以下の記事が滞在時間11分を記録している記事です。

このスライドのように、読み手を飽きさせずに、最後まで読んでもらうための、記事執筆ノウハウを以下の記事でお伝えしています。

まとめ

以上が、売り上げにつながるアクセスをブログに集める方法でした。

今回の内容は以下のようにまとめることができます。

アクセスを集めるのに、簡単な方法はない 自分に利のある「濃いアクセス」を集めること 濃いアクセスは「検索エンジン」から集めること 検索者の心理を理解し、満足させる記事作りを心がける

すぐに全てを真似することはできないと思いますが、徐々に自分のブログ運営に活かしてもらえたらなと思います。

スポンサードリンク